teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ブランドスーパーコピー バッグ 財布 小物 時計

 投稿者:鳥原 優子  投稿日:2014年12月 2日(火)17時52分43秒
  ブランドスーパーコピー バッグ 財布 小物 時計

ルイ・ヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、クロエ、ブラダ、ブルガリ ドルチェ&ガッバ―ナ、
バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ偽物(コピー商品)のブランドのバッグ、財布の販売、通販。

人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。全て激安特価でご提供.お願いします。


店長: 鳥原 優子
連絡: conecolv@yahoo.co.jp

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
 
 

2014年新作商品は販売 バッグ 時計 財布

 投稿者:金井 範夫  投稿日:2014年12月 2日(火)17時52分7秒
  2014年新作商品は販売 バッグ 時計 財布

●バッグ
●時計
●財布
●サングラス
●指輪
●ベルト
●マフラー
●ネクタイ
●靴
●在庫情報随時更新!(*^-^*)
◆100%品質保証!満足保障!
税関没収する商品は再度無料で発送します.
注文数量:数量制限無し、一個の注文も、OKです、注意:注文は多くて、特恵は多いです
あなたの光臨は私達の最大激励です。

当社URL: http://www.lvmhnnn.com/

連絡Eメール: lvmhnnn@yahoo.co.jp

店 長: 金井 範夫

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
 

イラン革命は明治の自由民権運動100周年

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 4月28日(日)19時21分41秒
  イラン革命は明治の自由民権運動100周年

http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p009.html#page191
http://book.geocities.jp/conspiracycalendar/02/d/02/0211.html

その自由民権運動は、民権派の政治結社
『以文会(いぶんかい)』結成百周年記念日を意味した。
「イラン」は、語呂合わせで選ばれたのだろう。
日本の外交・世界の政治は、この程度のレベル。
(仮説を含む)

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p002.html )
 

(無題)

 投稿者:ガガミラノコピー  投稿日:2013年 4月16日(火)01時37分13秒
  ガガミラノコピー

  
  
http://www.shop-pes.com

http://www.shop-pes.com

 

社会主義の真実

 投稿者:前田 進  投稿日:2013年 1月 4日(金)04時13分52秒
  19、20世紀の
所謂「科学的」社会主義は非科学的ニセ社会主義だった
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/11.html

堺利彦は天皇制の日本的ナチ政権によって処刑されたあと、
少数者から成る上級人霊界の在住者になっている。
裕仁は下級人霊界の2段階下の断霊界送りになって、
コクーン入りで宇宙の果てへ送られた後、断霊処分されて、
転生できなくなり、何処にも存在しなくなった。

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/94.html

 

メールアドレスをご連絡ください。

 投稿者:後藤彰信  投稿日:2012年 6月 3日(日)22時24分47秒
  掲示板「 初期研BBS 」の投稿「 無事です。後藤 」 に関する連絡です。

『日本サンジカリズム運動史』を探しているのですが、
なかなか見つかりません。もしお手元に複数部あるようでしたら、一部譲っていただけませんか?
というご連絡を頂戴しましたが、返信しましたところ不達でした。

 

【布施辰治関係資料】を架蔵する石巻文化センターの被災状況

 投稿者:後藤彰信メール  投稿日:2011年 5月26日(木)19時04分59秒
   以下、宮城歴史資料保全ネットワークのニュースの転載です。

宮城資料ネット・ニュース127号(2011年5月26日)
-----------------------------------------
石巻文化センターにおける文化財レスキュー
-----------------------------------------

                                     東北大学大学院生 関博充

 5月15日、現地は浜風が強かったが、天候に恵まれた。この日は、宮城資料
ネットから総勢21名がボランティアに参加した。以下に、その活動概要を報告
する。

 石巻文化センターは、石巻港に注ぐ旧北上川の河口近くにあり、海は目と鼻の
先である。建物の周りには、震災から2ヶ月経った今でも、木材や建材、自家用
車からなる瓦礫が散在していた。押し寄せた津波は、センター1階フロアの窓や
扉を破壊し、室内の什器や蔵書・資料を移動させだけでなく、土砂や材木、パル
プ、そして軽自動車までをも館内に流し込んでいた。ほとんど手つかずの状態に
見える館内のガラス窓や壁に残る痕跡から3m近く浸水したことが伺えた。震災
時、館内にいた職員の方の話によれば、水が引くまで4日近くかかったそうだ。
現在でもまだ電気、水などのライフラインは復旧していない。その中でのレス
キューとなった。

 文化財レスキューの第一の目的は、被災した文化財を、保存環境やセキュリ
ティー上、安全な場所に移動させることである。それにはまず館内外の瓦礫や土
砂を除去し、移動経路を確保しつつ、資料の存在とその被災状況を把握すること
が最優先となる。

 今回の作業も、屋内に堆積した土砂の除去から始まった。収蔵庫前には土砂や
瓦礫が10センチ近く堆積し、扉の開閉を困難にしていた。津波が残す堆積物
は、海から離れるに従い土やゴミを含み、ヘドロ化するものであるが、ここは海
に近接していることが幸いし、ほとんどが海砂であった。暗闇での作業ではあっ
たが、おおよそ乾燥しており、作業はしやすい。1階ロビーに堆積した土砂も除
去し、その中から、事務室や書庫から流れ出した資料や図書を救出し、2階へと
避難させた。

 午後は、収蔵庫内で海水、土砂、パルプにまみれた民俗資料を、一時的に屋外
に運び出し、乾燥させる作業となった。塩水を含んだパルプや砂が多くの資料に
付着しており、特に金属製品は、付着物の周囲で錆化が進行していた。いち早く
純水で洗浄し、塩分を除去する必要があるが、現状では洗浄用の水も、洗浄後の
保管場所も確保が難しい。最終的には、それらが可能な場所へ移動させ処理しな
ければならないが、今回は、資料全ての救出には至らなかったので、再度施設内
で保管することになった。まだまだ資料は残っており、運び出しにも、その後の
処理にも人手と時間を要することは間違いない。今後、継続的にボランティア活
動を行っていく必要性を強く感じながら、この日の作業は終了した。


 作業終了後、津波に耐えた本間家の土蔵(ネット・ニュース118号参照のこ
と)を見学できた。壁や屋根に残る傷跡は痛々しいが、高く積み上げられた瓦礫
の中に、どっしりと構える土蔵は、とても頼もしく見えた。石巻復興のシンボル
として保存できることを切望する。

(追記)
 石巻文化センターの津波被災資料は、その後宮城県内各地の博物館に一時搬出
され、専門家による応急処置が進められています。(事務局・佐藤大介)

*参考 2011年5月24日河北新報朝刊 「石巻の宝を守れ 全国から学芸
員、奮闘「必ず残す」」
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110524t13011.htm  *リンク切れの
場合あり
 

無事です。後藤

 投稿者:後藤彰信メール  投稿日:2011年 3月23日(水)10時04分14秒
   本日やっと光回線が復旧しましたので、送信が可能になりました。
 ご心配をおかけしました。
 当日は勤務先(宮城県農業高等学校)で被災しました。、既に休業
中とはいえ、部活動と農業実習あわせて90人ほどの生徒と、職員が
100名ほどおりました。海岸線から300~400mのところにある学校な
ので、地震後30分ほどで、津波の第一波が到達。
 海に近いということもあり、地震後直ちに生徒と職員が校舎の三階
に避難。今のうちに生徒を帰宅させてはという議論もありましたが、津
波が怖いので、待機させようということに決し、そこへ第一波が襲来。
 津波は、校舎の二階床上まで達しました。一階にある職員室や事務
室には、敷地内の立木や職員の車が突っ込んだ状態で、惨憺たる有
様です。敷地内にあった職員の自家用車はもとより、さまざまな施設、
トラクタなど、ありとあらゆるものが押し流されました。 校舎本体も傾
きました。
 その晩は、全員で校舎内で夜を明かし、翌日膝まである水を冒して
生徒・職員全員で市内の小学校まで避難。直線で3kmほどの小学校
ですが、そのあたりまで学校の備品が押し流されていたのには驚きま
した。
 このような顛末です。今は、車が流されてしまったので、通勤用に自
転車を購入。16kmほどを往復するかたち。電気・電話は復旧したも
のの、水道はまだ、ガソリン・灯油の不足など難儀な状態ですが、家
族ともども元気ですので、ご休心ください。

後藤彰信
 

布施辰治史料レスキュー

 投稿者:金野文彦メール  投稿日:2011年 3月20日(日)18時00分38秒
  今回の大震災で、石巻文化センターを津波が襲い、布施辰治史料が被災したそうです。今はガソリン不足などで近づけません。歴史学研究会のHPで訴えがあった時は、支援をお願いします。物資不足が深刻です。当面は、募金活動で現地に支援をお願いいたします。  

新刊案内

 投稿者:堺利彦獄中書簡を読む会  投稿日:2011年 2月20日(日)23時27分32秒
  堺利彦獄中書簡を読む編『堺利彦獄中書簡を読む』
 単行本: 194ページ
 出版社: 菁柿堂 (2011/01)
 ISBN-10: 4434152998
 ISBN-13: 978-4434152993
 1600円+税

【内容】

まえがき
Ⅰ 解題篇
第一章 金曜会屋上演説事件の堺利彦獄中書簡解題
第二章 赤旗事件の堺利彦獄中書簡解題
 第一節 『楽天囚人』収録時の削除・伏字・加筆修正について
 第二節 堺利彦と「私の親類」志津野氏
 第三節 堺利彦の碑文―解題に代えて
第三章 第一次共産党事件の堺利彦獄中書簡解題
第四章 〈遺稿〉「楽天囚人」から「売文社社長」へ
第五章 〈遺稿〉我が家における大逆事件、そして私のかかわり
第六章 みやこ町歴史民俗博物館における堺利彦顕彰事業について
Ⅱ 書簡篇
第一章 金曜会屋上演説事件の堺利彦獄中書簡
第二章 赤旗事件の堺利彦獄中書簡
第三章 第一次共産党事件の堺利彦獄中書簡

 解題篇第四章の故黒岩比佐子氏のエッセイ「「楽天囚人」から「売文社社長」へ」(『パンとペン―社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』を上梓した翌日に脱稿)は、図らずも氏の遺稿となってしまいました。同じく同篇第五章には、故近藤千浪氏の「我が家における大逆事件、そして私のかかわり」を遺稿として収録させていただきました。
黒岩氏並びに近藤氏の急逝、返す返すも残念でなりません。

 本書は、一部書店を除いて委託販売をしておらず、ネット上でも出版社からの取り寄せとなっています。

 本書の購入については、福岡県京都郡みやこ町豊津326-1 の書店「瓢鰻亭(ひょうまんてい)ひまわりこども」(Tel: 0930-33-8080、Fax: 0930-33-8081、hyomantei@gmail.com)にお申し込みください。




 

こんな本が!

 投稿者:金野文彦メール  投稿日:2011年 1月31日(月)22時45分35秒
  別件です。昨年、岩波書店より、川西政明氏の『新・日本文壇史 プロレタリア文学の人々(第4巻)』が発行されました。本書のあちこちが間違いだらけです。金龍済の写真は、なんと小林多喜二です。INのまちがいをそのままに使ったからです。佐藤三千夫の経歴・事績も、間違いだらけです。それは、徳永直の「日本人サトウ」のまる写しだからです。ただし、徳永の名誉のために言っておきますと、「日本人サトウ」は佐藤の調査・研究の初発です。その後も、徳永の精力的な調査・研究は続いて様々な事実が明らかにされました。  

大逆事件処刑100年追悼集会

 投稿者:金野文彦  投稿日:2011年 1月31日(月)21時01分56秒
  1月29日(土)東京都渋谷区代々木の正春寺で行われた大逆事件処刑100年追悼集会に参加しました。大逆事件については、知識としては知っていたものの、研究状況や追悼運動には「疎い」ので、この機会に、まずは追悼会にということで足を運びました。各地の長年の研究や追悼運動には本当に頭が下がります。国家という「怪物」が立ちはだかりますが、「徹念」で幸徳秋水らの真の姿を明らかにし広めていきましょう。  

「大逆事件と文学」-「群系」26号

 投稿者:群系永野  投稿日:2010年12月24日(金)21時35分11秒
   初めて投稿させていただきます。
 文芸同人誌「群系」といいます。今年、「事件」発覚100周年にあたり、「大逆事件と文学」を特集しました。
 御会や、平出修研究会の方には遠く及びませんが、同人の熱意はいつもと変わりません。
 HPを紹介しておきます。

http://www.ab.auone-net.jp/~gunkei-s/

 

堺利彦生誕140年/大逆事件・売文社創設100年記念講演会(変更)

 投稿者:堺・葉山・鶴田顕彰会  投稿日:2010年10月27日(水)20時43分42秒
  堺利彦生誕140年/大逆事件・売文社創設100年記念講演会


1 主 催  堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会

2 後 援  みやこ町・みやこ町教育委員会・講談社・平民社資料センター・大逆事件の       真実をあきらかにする会

3 日 時  2010年11月3日(祝)14時より16時まで

4 会 場  みやこ町豊津公民館大ホール
       福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地

5 内 容

(1)開会

  ○堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会長 井上 幸春
 ○平民社資料センター代表                    堀切 利高

(2)スピーチ

  ○講談社学芸図書出版部                            中村 勝行

(3)報告

  ○白百合女子大学講師                                   岡野 幸江
  ○法政大学講師                                       大和田 茂
  ○みやこ町歴史民俗博物館学芸員                       川本 英紀

(4)閉会

  ※ 諸般の事情により以上の内容に変更します。

 ※ 黒岩比佐子さんの『パンとペン―社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』が10  月7日講談社より刊行されました。
   
 

公共する人間4 田中正造

 投稿者:後藤彰信メール  投稿日:2010年 9月22日(水)11時23分44秒
  こんな本が出ましたので、ご紹介。

小松 裕 編, 金 泰昌 編『公共する人間4 田中正造』320頁 東大出版会
以下は、東大出版会の紹介頁から

内容紹介
「真の文明は山を荒さず,川を荒さず,村を破らず,人を殺さざるべし」
――今に生きる田中正造について,環境運動,取り巻く人物,思想的可能
性の三つの視角からアプローチし,明治の足尾銅山鉱毒問題から現代の水
俣病まで射程に入れて,公共する「いのちの思想人」を描き出す.



主要目次
はじめに(小松 裕)
1 いま、なぜ田中正造か(小松 裕)
2 足尾鉱毒問題と民衆環境運動 (菅井益郎)
3 田中正造の利根川治水論(大熊 孝)
4 田中正造と石川三四郎 (後藤彰信)
5 田中正造と木下尚江(清水靖久)
6 新井奥邃と田中正造――その交友と「謙」の思想(コール ダニエル)
7 田中正造と伝統思想(布川清司)
8 田中正造の思想的可能性(花崎皋平)
9 民衆史のなかの田中正造(牧原憲夫)
10 石牟礼道子における文学と政治(岩岡中正)
11 水俣学と谷中学(原田正純)
おわりに(金泰昌ほか)
田中正造の「公共」の用例をめぐって(小松 裕ほか)
田中正造年譜



担当編集者から
 現実と理想,その相克は残酷ながら,時にその狭間から新たな次元を拓
く人間の営みを生む.田中正造のあまりに徹底した公害反対運動は,必ず
しも当時の谷中村民の現実苦を緩和したわけではない.「民」と共に在る
ことを切望した正造が皮肉にも「義人」として崇められ,距離を置かれた
こと,一方で彼の「いのち」の思想が当時の現実にではなく,未来におい
て作用し続けるであろうこと,その苦悩と矛盾と可能性は,渾然一体の塊
となって私たちの胸に迫る.
 

NHKETV特集を見て

 投稿者:金野文彦メール  投稿日:2010年 8月25日(水)11時06分55秒
  8月22日のNHK・ETV特集(22時)で「大逆事件100年」を見ました。放送時間帯と、教育放送ということなど制約はあります。それでも、100年にして公に事件を見直していることがNHKで放送されたことに意味があるのでしょうか。体育科教育の泰斗・正木健雄氏が峯尾節堂の関係者とは知りませんでした。そして、顕彰活動をされているのに敬服いたしました。ただ、このようなことは、初期研など各地の研究者・有志の人々のことがあまり出ていないのが残念でした。次は、幸徳秋水(と関係する人々)を公にしていきましょう。  

大逆事件/売文社創設100年記念講演会

 投稿者:堺・葉山・鶴田顕彰会  投稿日:2010年 8月21日(土)16時38分54秒
  堺利彦生誕140年/大逆事件・売文社創設100年/黒岩比佐子氏出版記念講演会

1 主 催   堺利彦・葉山嘉樹・鶴田知也の三人の偉業を顕彰する会
        (会長:井上幸春=みやこ町長)

2 日 時   平成22年11月3日(祝) 14時より16時

3 会 場   みやこ町豊津公民館大ホール 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地

4 内 容   講師 ノンフィクション作家 黒岩比佐子氏
        演題 「パンとペン~堺利彦と『売文社』の闘い~」(仮題)


5 問い合わせ先  みやこ町歴史民俗博物館 ℡0930-33-4666

※ 黒岩比佐子氏は、堺利彦の評伝を講談社より10月刊行。10月16日(土)東京堂書店神田本店においても出版記念講演会が予定されている。
 

新刊のご案内(『全共闘運動の思想的総括』)

 投稿者:志村正昭  投稿日:2010年 4月 7日(水)00時18分59秒
   ■新刊のご案内(『全共闘運動の思想的総括』)
 内藤酬氏の著書、『全共闘運動の思想的総括』が刊行されたので目次等をご紹介します。
 同書の第五篇第一章「ポストモダンの紛争と非戦の構造」(pp.243-252.)は、「非戦」を特集した本会の雑誌『初期社会主義研究』第17号(2004年11月)に掲載された論文です。
 オンライン書店ビーケーワン bk1(http://www.bk1.jp/ )の内容説明では、「世界史的同時代性のなかで、冷戦後の世界に向けた課題を担うものとして存在した全共闘運動の思想史的な意味を考察する」と紹介されています(この書き込みの最後部にbk1へのURLを付けておきました)。 (志村 正昭)
------------------------------------------------------------------------

 内藤 酬〔著〕『全共闘運動の思想的総括』

  (北樹出版、2010年3月5日、375p.)
  (ISBN: 978-4-7793-0203-9 / 本体価格: 4,000円)


〔目次〕

序章 国家の安全保障から人間の安全保障へ

第一篇 全共闘運動の思想的総括

第二篇 場所論的転回の諸相

  第一章 現代科学の場所論的転回
  第二章 現代テクノロジーの内在的構造
  第三章 テクノロジーの変容と冷戦後の世界

第三篇 地球社会の誕生と地域社会の再生

第四篇 場所的論理と主体的共同

  第一章 西田哲学と天皇制
  第二章 全共闘の思想性
  第三章 コミュニティ形成の課題

第五篇 冷戦後の世界と日本

  第一章 ポストモダンの紛争と非戦の構造
  第二章 世界の道標を破壊してどこへ行くのか
  第三章 80年代核武装研究から現在の核保有論を問う

第六篇 札幌農学校の精神と京都学派の哲学

第七篇 日本的近代の位相

  第一章 学園都市の風景
  第二章 巨大科学の現場から
  第三章 ポストモダンへの回路

終章 世界史の哲学を求めて

あとがき / 執筆時期一覧



------------------------------------------------------------------------
※お問い合わせ等は↓
株式会社北樹出版(http://www.hokuju.jp/index.html
153-0061 東京都目黒区中目黒一丁目2番6号
TEL:03-3715-1525 / FAX:03-5720-1488
------------------------------------------------------------------------
〈オンライン書店ビーケーワン(bk1)へのリンク〉
  http://www.bk1.jp/product/03251354
〈livedoorブックスへのリンク〉
  http://books.livedoor.com/item/3808838
 

大逆事件100年の集会は?

 投稿者:金野文彦メール  投稿日:2010年 1月23日(土)12時40分50秒
  今年から来年にかけて、大逆事件100年の大きな節目にあたりますが、貴研究会はどのような記念集会または研究集会を企画していますか。計画または途中経過をお教え願います。『歴史地理教育』では関係連載が継続しておりますが。  

中央大学多摩キャンパスです。

 投稿者:後藤彰信メール  投稿日:2009年 5月 7日(木)19時36分2秒
   先の投稿、舌足らずでした。5月24日(日)10:00~17:30 中央大学多摩キャンパスです。
 近代史部会 帝国秩序とアナーキズムの形成―抵抗/連帯の想像力―
 アメリカ合衆国におけるロシア系移民アナーキスト
   ―1880年代から1920年代―  …………………………………………… 田中ひかる
 日本思想史におけるアナーキズムの位置
       ―初期社会主義思想との関連を中心に―…………………………………  梅森直之
  コメント:山口 守・木下ちがや
◎中央大学多摩キャンパスへは
       多摩モノレール『中央大学・明星大学駅』から徒歩1分
     ▲多摩モノレールへは下記の駅から接続しております。
       JR中央線「立川駅」
       京王線「高幡不動駅」「多摩動物公園」
       小田急線・京王線「多摩センター駅」
     ▲京王線「多摩動物公園」から徒歩10分
      ◎会場整理費として、両日共通で、一般1800円・会員1500円・学生(修士課程ま     で)1000円   (事前の申し込みは不要)
 

レンタル掲示板
/8